処分に困った!やっかいな事故車は買取実行

事故車もOK!中古車買取の流れを確認しよう

CarSafety.net

車を売りに行くのが面倒くさい

いらない車があるけど、車をわざわざ売りに行くのは面倒という方がいると思います。そういう方は出張査定を行なっている買取業者を利用することで、楽に車をお金に変えることが可能になります。ここからは出張査定を行う時の大まかな流れをまとめたので確認して下さい。

車買取の流れ(出張査定)

インターネット仮査定

インターネットなどから買取を依頼する会社の仮査定を行ないます。売る車の年式や損傷状態を確認して大体の買取査定額を出します。この時により詳しい情報があると、より正確な仮査定を行うことが出来ます。なのでより正確な査定額を出してもらいたい方は車の状態や情報をよく調べておきましょう。

出張査定

インターネット査定で出した大体の買取価格で合意することが出来たら、実際に査定員がお客さんのお家まで行き、車の査定を行います。この出張査定により最終的な買取金額を決めます。日程は客さんの都合がいい日と時間帯に合わせることが出来ます。基本的に出張査定は無料で行なっている所が多いです。

買取に必要な契約書と車引き取り

売る車の売買契約書を作成して、名義変更に必要な書類を買取業者に渡したり、郵送したりします。名義変更に必要な書類は意外と多いので、あらかじめ確認して準備をしておくことで焦って役所などに書類をとりに行く必要がなくなります。書類の作成や提出が完了したら、車を業者が引き取って行きます。

買取金額のお支払い

指定された銀行へ買取金額が振り込まれます。業者によっては買取金額が大きすぎない場合は、その場で現金で買取をしてくれる所もあります。名義変更が終わった知らせや自賠責保険の解約、還付などの手続きを買取業者が行ない、お客さんへ連絡を行ない車買取の全てが終了になります。

処分に困った!やっかいな事故車は買取実行

事故車

事故車をどう処理するか悩んでいる

事故で壊れてしまった車は修理をするか売却をするかとても悩みます。売却するのはまだ乗れそうだからもったいないけど、修理をするのにもとてもお金が掛かってしまうなど様々な考えが交錯して最も最適な処理方法を出すのに時間が掛かってしまいます。事故車の処分を決めるために判断材料となるのは主に3つあります。

壊れた車を持つのはリスクがある

車を修理する技術はだんだんと進歩していっていますが、一度壊れてしまった車を壊れる前の状態と同じにすることは、不可能となっています。一度壊れてしまった箇所は、一度も壊れていない箇所に比べると壊れやすくなったり、劣化が早くなるので外見が綺麗でもフレームが壊れてしまうと、修復歴車として扱われます。

全てにかかる費用や売却額を確認する

乗り物が走る上で最も大事なエンジンが壊れたり、エアバッグが開くようなとても大きな衝撃を受けた事故の修理を行おうとすると、数百万円かかる修理代が請求されてもおかしくありません。事故により新しい車を買う時に保険が降りる場合は、新しい車を買うことも視野にいれることが出来ます。また車を売ったお金も新車を購入する際の費用にあてられます。

車に対して愛着があるかどうか

大事に乗ってきた車であれば離れるのが嫌になるというのは決して珍しくありません。また長い間乗ってきて運転に慣れている場合は中々車を手放すということが出来ないです。フレームまで修理を行なっていなかったり、比較的軽めの事故の場合は修理して再び乗り出すという選択は大いにありです。その場合修理代もあまり高くならないでしょう。

広告募集中