いよいよ車検!業者へ依頼するときの流れを知る

業者に車検を依頼する時には事前予約が必要

CarSafety.net

いよいよ車検!業者へ依頼するときの流れを知る

車検

業者に車検を依頼しよう

車検を行う際は、自分で行うユーザー車検という方法もありますが、車に関する知識や手間が掛かってしまうので、多くの方は整備工場やディーラーなどの車検を行なっている業者を利用して、代わりに行なってもらいます。車検を受ける際はまず依頼する業者に見積りを取ってもらいます。見積もりを取らないと予想以上にお金が掛かってしまった時に困るので、必ず取りましょう。

来店から実車見積もりをする

見積もりを取ってから来店しないと、車検を断られる可能性もあるので、気を付けて下さい。インターネットで予約をすることが出来る所も増えているので、利用してみましょう。予約をしてからお店についたら、実車見積もりをしてもらいます。実車見積もりは実際の車を見てどこの整備が必要になるか確認してもらいます。エンジンルーム、オイル周りやベルトの減り具合などを見ます。

見積もりの確認

ひととおり点検が終わると、見積書を発行してもらえますが、この時に請求される金額が車検費用の総額と思っても大丈夫です。この見積金額の中に法定費用なども含まれていますが、何か疑問があったり高すぎると感じたときは遠慮せずに質問しましょう。質問にはきっちりと答えてくれるはずです。もし答えてくれなかったらあまり良い業者とはいえないでしょう。

書類の準備と入庫

見積もり書に納得ができたら、正式な車検の予約を入れることになりますが、この時に必要になる書類があります。予約日までに必ず準備をしておきましょう。予約日に来店すると、用意してきた書類の確認を行ない、受理されればそのまま入庫されることになります。車検に掛かる時間は数時間の業者もあれば数日かかる業者もあります。なので車検をしている間に車が必要になるのであれば予約を行う時に代車の用意をしてもらいましょう。

車検を業者に頼むと楽

車検を業者に依頼することで、書類の作成や点検、整備の全てをやってくれます。なので自分でやるユーザー車検より時間効率がよく、楽といえます。全国に車検を行なっている業者はたくさんありますが、高槻にもあるので近所の方は利用してみましょう。

広告募集中